高校留学することで英語を使いこなす

高校の英語の授業では、文法や単語を学ぶことができますが、話し方を勉強することができません。

授業が学校の定期試験や受験問題を解くための内容となっているため、英文の読み取りや書き取りができるようになるだけです。英語のコミュニケーションの授業はありますが、日本人の消極性から活気ある授業とはならず、十分に英語を話す授業とはなっていません。そこで、高校に通っている間に英語を話せるようになるために、高校留学することがオススメです。

高校留学は、高校生の間に海外へ行き、そこで勉強及び生活を一定期間するプログラムのことを言います。実際に英語を使う環境がどんなものなのか、英語を話すために必要なことは何かを学ぶことができます。ここで大切なことは、自分から英語を話すことであり、積極的に外国人とコミュニケーションを取らなければなりません。これによって英語を話す機会を自分から増やすことができ、経験値を少しずつ高めていくことができます。

会話を通して英語の使い方を学び、またヒアリング能力も向上させます。高校留学する際は、このようにコミュニケーションを自分から取らなければ無意味な経験となるので、勇気を持って踏み出す気持ちで望むことが大切です。コミュニケーションを取る際は、完璧な英語である必要はないので、安心して取り組むことができます。

簡単な会話文や単語とジェスチャーのみでも十分にコミュニケーションは取れるので、そこから徐々に積み上げていきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です