イギリスは高校留学に適した国

イギリスは高校留学に適した国で、日本人でも安心して勉強を続けられます。

イギリスが高校留学に向いているのは、治安が良いからです。アメリカのように銃の乱射事件が起こることはありません。性的な犯罪も少ないです。イギリスの犯罪が少ないのは、監視カメラのせいだと言われています。国中に監視カメラが設置されており、犯罪者を監視しているので、犯罪は起こりにくくなっています。監視カメラがあるのは窮屈ですが、犯罪に巻き込まれるよりは良いと言えます。

また自分の子供を異国に送る両親も安心できます。イギリスが高校留学に向いている理由は、他にもあります。イギリス人は島国に住んでいるので、大人しくて自己主張が強くありません。これは同じ英語を話すアメリカ人と対照的です。日本人と似た性格を持っているので、日本人が溶け込みやすいのです。

また昔から移民を受け入れてきた国なので、他の人種に寛容であるメリットもあります。言い換えれば、人種差別が少ないので、日本の高校生も暮らしやすいのです。他のメリットもあります。

イギリスはボーディングスクールが盛んな土地でもあります。ボーディングスクールは寄宿舎制の学校であり、学校内かその近くで生活します。一緒に生活するのはクラスメートと先生です。

他には、看護師やカウンセラーなども一緒に住みます。溶け込むの少し大変ですが、ボーディングスクールに入ると寂しさを感じないで、学生生活を送ることができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です